高血圧の種類

高血圧を原因で分類すると、「本態性(ほんたいせい)高血圧」と「二次性高血圧」の2つに分類されます。
「本態性高血圧」は、原因となる病気がわからないもので、高血圧患者の約9割を占めます。
「二次性高血圧」は原因となる病気があるもので、原因疾患を治療すれば根本的に改善させることが可能です。
「本態性高血圧」は検査をして二次性の疑いがない場合に診断されます。
特別な原因がわからないことが多いですが、塩分の過剰摂取、喫煙、肥満、アルコールの過剰摂取、ストレス、などのライフスタイルが原因と考えて治療を行います。
遺伝的要素によって起こることもあります。
つまり、様々な原因が結びついて起きている症状のことです。
「二次性」の症状を引き起こす可能性のある疾患には、腎臓の異常、褐色細胞腫、大動脈炎症候群、大動脈収窄症、甲状性疾患、副恒常性疾患、睡眠時無呼吸症候群、妊娠、などがあります。
注意が必要なのは、仮面高血圧です。普段は血圧が高いのですが、病院に行くとその安心感から血圧が正常値になることです。
この症状に注意が必要なのは、仕事のストレスや喫煙が原因の人です。
普段はストレスや、タバコのニコチンによって血管収縮によって血圧が高くなっているのですが、仕事から解放されたり、病院に行く前に一時的に禁煙することで血圧が正常に見えてしまいます。
この症状を特定するには、外来で血圧を測るだけでは不十分です。
家庭用の血圧測定器を使って、こまめに血圧を測るようにしましょう。
最近では、腕に取り付けて常時血圧を測れるような測定器も登場しています。
血圧は常時変化しているため、受診する時間によっては問題がないと診断されてしまう危険性がありますが、こういう機械を使うと正確な数値を測ることができます。高血圧に関する医薬品の中にはミカルディスという血管を拡張する働きのある薬などもありますのでそちらもチェックしてみましょう。

肥満は高血圧の大きな原因

内臓脂肪が溜まり、さらに他の生活習慣病がある場合にはメタボリックシンドロームです。
メタボの人は、すでに高血圧になっているか、もしくはなりやすい傾向にあります。
メタボと関わりが深い生活習慣病のほとんどが、動脈硬化を引き起こす疾患です。
疾患はひとつとは限らず、いくつかの生活習慣病を併発することで病気の進行を早めてしまうこともあります。
つまり、メタボでなおかつ高血圧になってしまうと、他の原因で高血圧になったときよりも病気の進行が早くなる恐れがあるということです。
内臓脂肪が厄介なのは、体内でさらに脂質を作りだしてしまうところです。
内臓脂肪が増えると、膵臓からインスリンが分泌されやすくなります。
インスリンが大量に分泌されると、交感神経を刺激して、尿から塩分を排泄しづらくさせます。
塩分が排泄されにくくなった結果、血液中のナトリウム濃度が上がって血圧が高くなってしまいます。
つまり、内臓脂肪が多くなり、インスリン分泌が促進されて交感神経が刺激された結果、塩分を排出する機能が落ちてしまうのです。
内臓脂肪がついていたからといって即メタボではありませんが、肥満は高血圧を悪化させる原因になります。
肥満の人は味の濃いものを好む傾向があるため、塩分の過剰摂取で高血圧になってしまいやすいです。
普通の体型の人と比べると食べる量が相対的に多くなるため、塩分の摂取量が多くなるという問題もあります。
肥満を解消して高血圧を防ぐには、無理な食事制限ではなく、最初に野菜から食べる習慣をつけると良いです。
これならば食事内容に左右されませんし、道具がなくても取り組めます。
野菜を最初に食べることで満腹感を感じさせやすくなります。

高血圧治療で有名な病院

高血圧治療で有名な病院ですが、大きな大学病院でしっかりとした診療を行ってくれる順天堂大学病院がおすすめです。
そもそも高血圧はなぜいけないのか?ということですが、血圧というものは心臓が鼓動をした際に、血が血管の内壁を押す際の血液の圧力のことです。
心臓が鼓動をした際に、全身の細胞80兆個に栄養と酸素を送るために、心臓から勢いよく血液が押し出されます。
その際に血液が血管の内壁を押す、強めの圧力を上の血圧といいます。
上の血圧は130から150程度であれば正常範囲内といわれております。
反対に下の血圧は、全身をめぐりめぐった血液が、心臓に再び戻ってくる際の弱い圧力のことです。
下の血圧は60から80程度であれば正常範囲内といわれています。
高血圧になってしまう原因としては、日々の生活習慣の乱れが主な要因と言われています。
毎日の食生活の乱れ、運動不足による筋力の衰え、ストレス、酒・アルコールの取りすぎ、たばこなどの様々な要因から、血液は弱アルカリ性から酸性に傾いていき、血管は動脈硬化という状態になるといわれます。
動脈硬化になると、血管がかたくぼろぼろになっているので、健康で正常な状態の血管に比べて、全身に血液をめぐらすために、大きな力を必要とします。これが高血圧です。
この高血圧がなぜいけないのかというと、血管が動脈硬化になっているので、血管系の病気につながる恐れがおおいにあるということです。
例えば、血管がもろく切れやすい状態になっているので、脳の中の血管が切れてしまえば、クモ膜下出血や脳出血という命にかかわる病気になりますし、血管が詰まりやすい状態でもあるので、脳梗塞や心筋梗塞などにもつながります。
■高血圧には世界的に支持されているこの薬
ノルバスク
■副作用が少ない薬はこちら
テノーミン