ミカルディスが身体へ及ぼす作用のまとめ

ミカルディスは高血圧の症状を改善する薬です。この薬は、高血圧にかかっている人が最初に飲むべき薬である第一選択薬の一つとなっています。
また、臓器保護や血糖値改善などの効果があり、心臓病や腎臓病にかかっている人でも服用することができます。
ミカルディスが血圧を下げる仕組みには、ホルモン系の一つであるRAA系と呼ばれるものが関係しています。RAA系というのは、レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系を略した言葉になります。
人の身体はつねに血圧を適正な状態に保つような機能を持っていますが、血圧が下がりすぎたときに血圧を上昇させるように働くのがこのRAA系です。
RAA系は、血圧が低下し、腎臓に流れる血液の量が減ることによって活性化されます。しかし、高血圧の人ではこの仕組みが上手く働かずに、つねに血圧が高い状態になってしまっています。
ミカルディスは、このRAA系によって生産されるアンジオテンシンIIという物質の働きを阻害する作用を持っています。
アンジオテンシンIIは、副腎皮質に働きかけてアルドステロンというホルモンを分泌させます。アルドステロンには血液の量を増やす働きがあり、その結果として血圧が上昇するのです。
ミカルディスはRAA系によってアンジオテンシンIIが分泌された際、それに拮抗するように作用するため、血圧を抑制する効果があるのです。
また、ミカルディスには心臓や腎臓などの臓器を保護するという効果もあります。これにもアンジオテンシンIIの働きが関係しています。
アンジオテンシンIIは、心臓や腎臓のなかにある細胞に働きかけて、血管壁を厚くしてしまうという作用を持っています。そのことにより動脈硬化を招いてしまい、心臓や腎臓などの機能に悪影響を及ぼしてしまうのです。
ミカルディスはアンジオテンシンIIの受容体に働きかけてこれを阻害するため、心臓や腎臓に流れる血管の動脈硬化を防いで臓器保護の役目を果たします。
ミカルディスの持っているもう一つの大きな働きが、血糖値改善の効果です。高血圧を改善してくれる降圧剤のなかには、血糖値の上昇を防いで糖尿病やメタボリックシンドロームになりにくくする薬がいくつかあります。
ミカルディスは、そのなかでもとくに血糖値改善の効果が高い薬となっています。
高血圧にかかっている人は血糖値が高くなっていることも多く、高血圧と高血糖・脂質異常症などの症状が重なっている状態のことをメタボリックシンドロームと言います。
メタボリックシンドロームの人では、血糖値の代謝を促すホルモンであるインスリンが上手く働かない状態になっている場合があります。
ミカルディスには肥満細胞のなかにあるPPARγというタンパク質を刺激する作用があります。このPPARγが刺激されると、肥満細胞のなかからアディポネクチンと呼ばれるタンパク質が放出されます。
アディポネクチンには様々な働きがあり、その一つとしてインスリンの感受性を高めるという効果を持っています。
インスリンは血液中の糖分を細胞内に取り込む作用があるため、アディポネクチンがインスリンの感受性を高めることによって血糖値が下降します。
また、アディポネクチン単体でも、血液中に含まれている血糖を筋肉などの組織や臓器に取り込みやすくするという働きがあります。
アディポネクチンは動脈硬化や炎症を抑え、脂肪酸の燃焼を促す働きも持っています。これらの複合的な働きによって、アディポネクチンは糖尿病やメタボリックシンドロームなどの症状を改善してくれます。
ミカルディスは他の降圧剤とくらべると効果が持続する時間が長く、血液中での半減期はおよそ20時間となっています。その間は継続して効果が現れるため、体内で糖分が効率的に使われることを助けてくれます。
糖尿病を治療する専門の薬ほどではありませんが、ミカルディスはこのように血糖値が高い状態を改善してくれる効果を持っています。