高血圧で何故レントゲンを撮る?血圧を下げる方法は?

日本人の4000万人が高血圧だと言われています。自覚症状があまりなく、健康診断などで初めて高血圧だとわかる人も少なくありません。高血圧の怖いところは、海外で「サイレントキラー」と呼ばれるほど症状が静かに進行し、脳梗塞や脳出血という脳疾患、心不全や心筋梗塞といった心疾患をある日突然引き起こしてしまうことにあります。高血圧だと診断されると、胸部レントゲン検査を行うことがあります。心臓は全身に血液を送り出すポンプの役割をしています。高血圧は血管を流れる血液の量が多くなったり、血管が狭くなることで心臓が血液を送り出すために大きな負荷がかかってしまうため、レントゲンで心臓の肥大や心不全が起こっていないかを確認します。また、心臓付近の血管が動脈硬化になっている場合、血管が拡大、蛇行していたり、伸びていることがあります。さらに症状が進行して血管が石灰化していた場合、レントゲンで早期の発見を行うことができます。動脈硬化もまた、高血圧が原因で血管に大きな負担がかかることで起こる合併症と言えます。
このように、高血圧は様々な大きな病気を引き起こす原因となります。治療は血圧を下げることを主な目的に投薬と生活環境の改善が指導されます。食事の際に塩分の摂取量を控えたり、負荷がかかりすぎない適度な運動を行うようにする、喫煙やアルコールの摂取を控える、ストレスをためないようにする、睡眠不足などの不規則な生活習慣を整えることが、血圧を正常値へと下げる手助けとなります。また、利尿剤や降圧剤などの投薬も併せて行うことで、高血圧の改善を目指すことができます。
早期に発見し、適切な治療を行って血圧を下げることが、健康な生活を送るうえで重要になります。